無料
エロ
動画

ある意味同じで・・・

  • 2010/06/29(火) 15:55:34

いわゆる表向きでないビデオに混じって

海外の名画をダビングして流通したものが混じっている。

もちろん吹き替えも泣ければ字幕も無い。

完全ノーカットだ。流通的には裏ものである。

とはいっても多少きわどいシーンはあっても

1960年代までのフランスやイタリアのヌーベルバーグものがほとんどだ。

フェリーニやゴダールに傾倒していた。

話は変わるが日本のニューミュージックからJポップに移行する頃の

歌手で「佐藤隆」と言うミュージシャンが好きだ。

やはりこのあたりの監督の作品の世界観を下敷きに

多数作曲されている。

地中海、西アジア、黒い瞳のロマ、旅芸人

国境に降る雨、今夜も誰かに抱かれる彼女は

きしむベッドで戦場の彼のことを思い出している・・・。

かれこれ20年以上前に少しずつCDを買い足して

今では秘蔵の所蔵となっている。

主な提供曲は代表作「桃色吐息」、「アルマージ(デラシネ)」

「二十三夜」などがある。

ヨーロッパにかぶれるならこんな空気感が最高だ。

もともと近代以降日本人の欧州への憧れは強いと思う。

森鴎外の「舞姫」などは内容など無くても

映像としては十分すぎるくらいに雰囲気がある。

列車で陸橋を越えるころ、読むことをためらっていた

手紙を読む。内容は人それぞれで何がかいてあるかは

わからない。

コルドバの広場、ジブラルタル海峡、もし映画でなかったら

遠すぎる場所だ。

こんな映画や曲を聴くと地中海には行って見たいと思う。

なるべく東のギリシャや西アジアに近いところへいけたら幸いだ。









パッケージは無い

  • 2010/06/28(月) 16:36:55

往年のレンタルビデオのパッケージは美しかった。

中身を鑑賞してがっかりするほど、女優さんにメイクをして

そのワンショットに入魂しているかのような綺麗なパッケージの

写真が使われていた。

そこへ行くと裏ビデオはシビアだ。

表向き流通できないためそんなものはない。

タイトルのシールさえ貼られていないのだ。

だから中を見るまで運試し的なところがあった。

それがこの上なくスリルがあってよかった。

狩猟生活の頃の人類が持っていた、ハンティングの

高揚がそこにあったと思う。

もちろんサプライズもあって

生写真のプリントが一枚同封されてくることもある。

あそこがあらわになった、メイクも証明も一切関係ない

出演者のスナップだ。

ガレージキットや同人誌的なこのノリは

今はもう無い。

時代が経過したことを実感する。

何のシールもはられていないビデオテープの山を

見つめる。

時間が経過してゆくことをゆっくりと感じることが出来る。




1972へバックトゥ!

  • 2010/06/26(土) 16:26:51

今日はビデオは休みしてアナログレコードを聴く。

ちょっとまともで変な気分だ。

夏休みまでちょうど一ヶ月。

夏休みと言えば「よしだたくろう」だ。

1972年に発売された「元気です。」と言うアルバムは

多くの人の語りつくせないエピソードをはらんでいる。

六月の曇天の夕方。夏至の明るい蒸し始めた夕暮れに

1972年の無造作な青春像を垣間見ることが出来る。

「夏休み」と言う曲は回想の曲。

学生を卒業して、それを思い出していると言うもの。

だから今頃の季節に聞きたくなる。

何も変わってないとがっかりしたり、安心したりする。

個人的には「高円寺」が好きだ。

重くがさがさしたギターはその後の広島出身のミュージシャンに

受け継がれている。

同じスタンスで「りんご」という曲もいい。

そして最後の二曲の「祭りの後」、「ガラスの言葉」は

あの時代を端的に表していると思う。

何も無い時代だっただろう。

シンプルだからこそやりにくいこともあったはずだ。

そこに今とは違った新鮮さを感じることが出来る。

かってな想像かもしれないが

このアルバムにはそんなことを考えさせてくれる

余裕がまだ沢山残されているように思えてならない。






言葉の力を取り戻す

  • 2010/06/24(木) 16:32:12

「裏/流出」この二つの単語にどれくらいの

コマーシャル性が潜んでいるのだろう。

1990年半ばまで、地下流通の高揚は確かにあったと思う。

パッケージ先行のだらだらの中身でも

そのウキウキ感を胸に、憤りも半減するほど

心は躍っていたと思う。

デジタルデータでもなく、フィルムでもないビデオとは

一種独特のメディアであったと思う。

映像をカートリッジ化して個人所有することの出来る媒体として

20年近くもその役目を担ってきた。

デジタルメディア化が進み、レーザーディスクからDVDへと

変遷してゆく間もそれらを補助することをし続けてきたことは

音声のみのカセットテープとともに

重要なファクターであったことは言うまでも無い。

今日のデジタルリミッターなどが少なかったせいもあって

比較的コピーが容易だったのも上下で活発に流通した

理由のひとつともいえる。

世界的潜在本数としてはかなりの埋蔵量になる。

人が一生のうちに見ることの出来る動画はどれくらいなのだろう。

そんなことを考えながらビデオを鑑賞している。



裏とつけばパラダイス

  • 2010/06/21(月) 16:44:16

この漢字一文字にどれほどの想いがこめられるだろう。

全ての単語の頭に着くことで本来の世界の反対側を

露呈してくれるような

一種の耽美的陶酔感をかもしてくれる。

話は変わって、今年もまた夏がやってくる。

自然に常温にさらしておいた場合、2010年物理的に

寿命を迎えるビデオテープが何本か出るだろう。

こうして物として役目を迎えることも

諸行無常のタイムスケールの中に組み込まれた存在なのかと

諦めなければならないのだろうか。

デジタルデータ化はある程度まで進めた。

しかしかつてのアナログビデオファンには

多少引っかかる部分がある。

アナログレコードファンよりシビアだ。

しかし続けようと思う。





Google
WWW を検索 pomodorian.dtiblog.com を検索

close